ご近所さん

b0181457_143926.jpg










浅草の家の裏に黒塀の妾宅があった

昔は伊豆の芸者さんだったとかで、美人かと言うと

そうではなく、口の大きなカラッパチの声の大きな人だった

板張りの家の外側まで磨くきれい好きな人で

ひゃ ひゃ ひゃ」と良く笑う人だった

中には長火鉢があって旦那さんが三つ揃えの背広の上だけ着て

下は股引で何時も座っていた

子供心にもあんまり色っぽい雰囲気には思えなかった

さっぱりしていて性格が良いからなのかな~

と納得させていた
by jikansouko | 2010-10-18 00:26 | 粋な話 | Comments(2)
Commented by ゆうゆう at 2010-10-20 14:30 x
昔うちの近くにもどこぞの社長さんの愛人宅があった。すごく綺麗という女性ではない人でしたが、その社長さんが、何十ねんも愛人を大切にしていたのはわかつたっけ。もうおばあさんになっちゃった愛人を大切にしながら社長さんは亡くなったけど、いまも何故かあの愛の形が印象に残るのです。
Commented by jikansouko at 2010-10-21 02:19
❤ゆうゆうさん

>いまも何故かあの愛の形が印象に残るのです。

感受性が強いやはり文学婦人ですですね~~ゆうゆうさんは~

愛の形ね~~そう言う風に考えた事無かった。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード