ブログトップ

時間倉庫

skydoor.exblog.jp

 現在・過去・未来・・・消えた時間。ここは時間の倉庫です。  

<   2015年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

b0181457_8191914.gif
b0181457_09520763.jpg
http://www.gi-co-ma.or.jp/collection/shinoda/biography.html
一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い 幻冬舎 http://www.amazon.co.jp/dp/4344027531/
ref=cm_sw_r_li_awdo_kRCKvb00E43T5

今朝、どこかのTVで、やっていました。2010年に逝った母より4歳年上です。
母は80歳で認知症になり13年、私を始め?( ´ ▽ ` )ノ周りの人に恵まれて幸せな終焉だったと思います。
篠田桃紅さんは美しい方ですね!
天は二物を与える不公平…一物も与えられ無い人も居るのだから、決して不幸になってはいけませんよね!

☆永井路子さんの
「人生は死ぬ迄の暇つぶし」

☆人間は天からの落し物

☆死ぬ準備は間際で充分
[PR]
by jikansouko | 2015-06-30 08:19 | 未分類
b0181457_18503128.jpg
最近の旅は倹約で楽しくがコンセプト!
2泊目の夕食は握り2人前(熱海三松)で、持参したおつまみと飲みもので、お部屋で珍しい東の夕焼けを見ながら♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
ホテルの日本食のお店9時過ぎから軽く飲めるので、軽くラーメン等で終了!
b0181457_22322313.jpg
最初のランチは鎌倉辺りになりそうなのでペット同伴のお店を検索。雨が降って来たのでテラスOKは多いけど店内OKなので、このお店にしました。

カフェグラーノ カマクラ

ところが、予想外に素敵なお店!一軒家イタリアンカフェで素敵なお庭と内装にラッキー♪(´ε` )
リーズナブルで言う事無い…が
マスターが愛想が悪い、ぶっきらぼう(≧∇≦)で〜お客は私達だけ…ウヒヒ💕
お陰様でリラックス出来ました。
話して行くと以外と好い人( ´ ▽ ` )ノ
夜は予約のみ、1組(二人から)だけだそうです。
b0181457_22325408.jpg
26日のブレスホテルは新しいタイプのホテルで面白そうなのでポンパレで割引きチケットを買っておいた。期限切れで慌てて金曜日だったら、追加分を取られてしまった。
ただ年寄りには選択が多い(≧∇≦)アメニティ、ウエルカムドリンク等、部屋にも香りのマシン、お茶のマシン、身体を洗う垢擦りが2種、パックや身体をリラックスする色々な品物が沢山。
部屋も景色もバスも良し、サービスも沢山、B&Bで朝食は部屋食、夕食の場所迄車で送迎( ´ ▽ ` )ノ
b0181457_19153273.jpg
鵠沼海岸駅前、鄙びた多国籍料理のお店で夕食…なんでもあるお店アップルパイやプリンも美味しかった( ´ ▽ ` )ノ
b0181457_22341780.jpg
27日はホテルから15分程の所に預けた2匹と海浜公園で遊んで熱海の海岸の前のライスボールでランチ。
135号線沿いでジャカランタの街路樹が並んでいます。
もう終わり頃で、ヒラリハラリと沢山落ちてきます。
b0181457_22475338.jpg

晴天でも風は涼しく…散歩しながらお鮨屋さんを探して、夕食に部屋で食べる握りを2人前買いました( ´ ▽ ` )ノ

我が家の旅はあまり観光しませんね!
違った街と食を楽しむ…遭遇した人を楽しむくらいですね016.gif

[PR]
by jikansouko | 2015-06-28 18:47 | 旅(内)
b0181457_18191486.jpg



東の空の夕焼けは
一回転したら消えていた
華やかな舞台から
滑り落ちた女優の様に
国を治め一瞬で地に落ちた
政治家の様に…
西の夕焼けの傀儡
錯覚で世界が日本が
何処まで耐えきれるか
誰も予想出来ない…

photo&poem by kako2015.6.27
[PR]
by jikansouko | 2015-06-28 18:19 | 詩.他
b0181457_6322031.jpg



蛇腹な道がウネウネと
狭い日本を締め付ける
1000年毎のプレートは
地面の下から破壊する
それでも希望は捨てないで
原発、災害、放射能
兵隊、戦争、アリ地獄
出雲の神と民主主義
神風でない風が吹く

photo&poem by kako2015.6.27
[PR]
by jikansouko | 2015-06-27 06:32 | 詩.他
b0181457_5595986.jpg



りかしつ

あそぼ〜 あそぼ〜
理科室であそぼ!
誰も居ない教室で
ビーカー、フラスコ、試験官
ガラスの中で蠢いて
色んな原子が生まれてる
くっついて、反発して
アモルファスな怪物と
クリスタルな神様と
小さな地球が増殖する
時間の裂け目み〜っけ!

photo&poem by kako2015.6.25
[PR]
by jikansouko | 2015-06-27 05:59 | 詩.他
b0181457_55755.jpg



流れ着いた
海からの贈り物
形があり色があり
距離があり時間がある
思い出と朽ち果てた愛
白い風が吹いてきた


photo & poem by kako2015.6.24
春の湘南
[PR]
by jikansouko | 2015-06-27 05:57 | 詩.他
b0181457_0441949.jpg



最近自分の文章の中で、やたらと「不思議」と言う単語を使っている。
「不思議」とは、なんぞや?と調べてみると形容動詞だそうだ…

〈不思議〉は元来,仏教語〈不可思議〉の略で,思議すべからざること,つまり心で思うことも,言葉でいうこともできないようなことを指し,経典には4種,5種,10種などの不可思議がみえている。日本では〈七不思議〉という言葉は,古く嘉禎4年(1238)の奥書をもつ《諏方上社物忌令之事》に,信州諏訪大社の神威を表すものとして用いられている。…
※「不思議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。
コトバンクより

この写真はナンジャ?って思議します( ´ ▽ ` )ノ
金沢野菜の加賀太胡瓜、大きさ比較に近くに調理ハサミがあったので@^)ぷっ
煮物も美味しいが皮を剥いて味噌や塩でも美味しい。
[PR]
by jikansouko | 2015-06-25 00:44 |
b0181457_20054781.jpg
FBでルバーブのジャムを山ほど作って、欲しい方と言うので手作りで500円と言うので、軽い気持ちで「欲しいでーす( ´ ▽ ` )ノと手を上げました。
普通に送って来てくれるのかと思ったら、食べ物だし見ず知らずの人に簡単に送るには、責任感の強い人らしく手渡しますと言うので、私の予定に合わせて今日の用事の近くのお店を探してくれました。
さなえ先生のFBでだいぶ以前に色々手作りのパワーが凄いので友達申請したの忘れていて、最近承認の流れでほとんど知らない彼女なのに…
何だかスッと二人でランチと相成った034.gif
お仕事バリバリの女丈夫かと思いきや、可憐な一児のママ( ´ ▽ ` )ノ
二人で「なんか、不思議ね〜」と楽しく四谷でイタリアン024.gif
さなえ先生とは清澄白河のリカシツのあるFUKADASOでイベントで知り合ったと言うのもビックリ‼︎
世の中は不思議が充満しているんですね016.gif

そうそう、帰りに友人の家でお茶してルバーブのジャムの話をしたら「大好きなの!」と言うので一つあげて、家に帰って食べたら、お、美味しい〜〜あららざん無念(≧∇≦)

[PR]
by jikansouko | 2015-06-24 20:05 | 散歩
b0181457_19532753.jpg
昨日新橋演舞場の熱海五郎一座を見て来ました。ottoが見たいと言うので初めてネットでとってみました。
S席も桟敷席も1000円しか変わらないで桟敷席にしたら、ここだけ足を出してビールも飲める。お弁当もゆっくり頂いて夕食は済んだはず…
大地真央がゲスト出演でやはり華やかで綺麗(*^o^*)
テンポが軽妙で面白い( ´ ▽ ` )ノお腹抱えて大笑い。
前の日友人が明治座の帰りに寄った”キテレツ”で軽くと寄ったのに…軽く無いですよね!

湯葉に雲丹のお通し
喉黒の炙り刺身
生しらすと若布酢の物
むつ煮物
ポテトサラダ酒盗クリームチーズ
鯖炙り酢の物
稚鮎の唐揚げ
色々野菜餡かけ山椒かけ(私お気に入り)

あ…イケメン二人と言っていたの忘れてた(⌒-⌒; )
30代の若者とおばさんだけだった。

堪能して(以外とリーズナブル)出たら、雷豪雨(≧∇≦)

[PR]
by jikansouko | 2015-06-24 19:53 | 料理(外)
b0181457_02195911.jpg
写真は金沢ののどぐろの炙り握り、香ばしくて脂が甘い!


2〜3畳の広さのお店に3人が基本のお鮨屋さん!
息子の仲間と参加したottoが夜中1時過ぎても帰らない…
ったく…年寄りにあるまじき連日飲み会で、飲性麻痺034.gif
困ったもんです。
このお店日祭日休みで予約が連日入っているそうだ!
結婚記念日に予約を取ってくれたそうだが…

な、なんと2020年11月ーオリンピックの年037.gif
私達…意地でも生き抜かなくては058.gif





[PR]
by jikansouko | 2015-06-23 02:17 | 今の時間

by 下町古娘