ブログトップ | ログイン

時間倉庫

skydoor.exblog.jp

 現在・過去・未来・・・消えた時間。ここは時間の倉庫です。  

<   2014年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

b0181457_5374311.jpg

まるで世紀末の様に沢山の悲劇が地球に蔓延している。テロリストと国を守るを掲げる戦争者!
子供達が犠牲になるのがとても悲しい・・・
そして意味無く同級生に殺されてしまった少女とご両親・・・・やりきれない事件が頻繁に起きる。

8月12日の日航ジャンボ墜落の日がせまる。あの時も沢山の災害があった。

1970年8月12日は30歳で逝った兄の命日です。奇しくも坂本九ちゃんと命日が同じになってしまいました。
1970年1月17日は兄の結婚式でした(後に阪神大震災の日と同じ)

034.gif陰陽や太陽燃えて7月の爆撃の火花火の火         佳肴
by jikansouko | 2014-07-31 05:37 | 今の時間
b0181457_2573689.jpg

箱根の帰りに日本橋の大江戸で待望の鰻を頂きました。
流石に老舗…口の中でとろけます。そしていつも混んでいます。

大きな丼です…ご飯減らしてもらって大正解^ ^

可愛い金魚のウチワ貰ってきました。

これをもって、我が家のお誕生日祭りは終了…

これから、粗食の日々です。
by jikansouko | 2014-07-31 02:57 | 料理(外)
b0181457_815811.jpg

ワンコと一緒に暑い東京を離れて箱根へ…

仙石原で、粋なお鮨屋さん見つけ〜♪( ´▽`)
小田原の旦那さんの実家のお鮨屋さんで巡り会ったとか、美人女将の若夫婦。

そこで紹介されたカラオケがお食事も出来て、マスターが明るくて楽しい(^O^)/

箱根の夜はイノシシに遭遇するとかで、マスターがみんな車で送ってくれる!




by jikansouko | 2014-07-30 08:15 | 旅(外)
今日の茶道は茶通箱の勉強・・・お免状があっても何一つ複雑なお勉強はしていないので初めての体験に等しい。

茶花は金水引に、紅さんご・・・
お軸は「尽く不言の中」私達には心痛い言葉^^

丸卓、黄瀬戸胴じめ水差し

中興名物、伊予簾の茶入れ・・・形が小ぶりで釉薬のタレが青く可愛らしい。
所以の恵慶法師の和歌「逢う事はまわらに編める伊よ簾いよいよ我を侘びさするかな」

恵慶(えぎょう)法師
百人一首
八重葎(やへむぐら) しげれる宿の さびしきに
     人こそ見えね 秋は来にけり


b0181457_13151352.jpg

※名物茶入れを忠実に再現し、仕服もその茶入れに添っていた物を再現しています。※この茶入には伊予簾裂仕服が添えられています。裂地は正絹で柔らかく、中綿入りです。篝糸も滑りが良いです。蓋は象牙です。☆寸法高さ7.2cm  胴径5.6cm 蓋径3cm 伊予簾仕覆(正絹)付  説明書付 共箱★ますや茶店、増田がサポートしています。●伊予簾(いよすだれ)釉の筋模様を簾の景色と見て、小堀遠州が『詞花集』の恵慶法師「逢う事はまわらに編める伊よ簾いよいよ我を侘びさするかな」を引いて命銘したものという。伝来は、小堀遠州〜小堀和泉守政恒〜土屋相模守政直〜松倉佐渡守〜土屋家〜松平伊賀守〜赤星家〜後藤安太郎〜昭和美術館。仕覆は、伊予簾緞子、紺地橘紋金襴、萌黄地造土金襴、白地龍詰。
by jikansouko | 2014-07-29 13:15 | アート
b0181457_1220124.jpg
b0181457_1220127.jpg


今日はottoのお誕生日。古い友人夫妻と合計300歳の会食です♪( ´▽`)
私にとっては、みなさん先輩!
元気で生き生き人生を楽しんで居る鏡の人達です。
最長81歳はなんと4時起きでゴルフ帰りです。
中華Barで乾杯して、やはり77歳の白髪バーテンダーのショットBarでしめました。




年々にわが悲しみは深くして いよよ華やぐ 命なりけり
      岡本かの子

「この歌に宗教的光芒を感じる」(川端康成)        
(出典 老妓抄)
【キーワード】 悲哀の中の法悦 老熟

岡本かの子

幼少期 [編集]
代々幕府や諸藩の御用達を業としていた豪商の大貫家の別邸で誕生。大貫家は、神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構える大地主であった。腺病質のため父母と別居し二子の本宅で養育母に育てられるが、この病気は晩年まで続いた。養育母から源氏物語などの手ほどきを受け、同村にあった村塾で漢文を習い、尋常小学校では短歌を詠んだ。

歌人として活動 [編集]
16歳の頃、「女子文壇」や「読売新聞文芸欄」などに投稿し始める。この頃谷崎潤一郎と親交のあった兄の大貫晶川の文学活動がはじまり、谷崎ら文人が大貫家に出入りするようになり影響を受けるが、谷崎は終生かの子を評価しなかった。17歳の頃、与謝野晶子を訪ね「新詩社」の同人となり、「明星」や「スバル」から大貫可能子の名前で新体詩や和歌を発表するようになる。

岡本一平との出会い [編集]
19歳の夏、父と共に信州沓掛(現長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢)へ避暑、追分の旅館油屋に滞在した。同宿の上野美術学校生を通じて岡本一平と知り合う。21歳の時、和田英作の媒酌によって結婚、京橋の岡本家に同居するが、家人に受け入れられず二人だけの居を構える。翌年、長男太郎を出産。赤坂区青山のアトリエ付き二階屋に転居する。

暗黒の時代 [編集]
その後一平の放蕩や芸術家同士の強い個性の衝突による夫婦間の問題、さらに兄晶川の死去などで衝撃を受ける。一平は絶望するかの子に歌集『かろきねたみ』を刊行させた。しかし翌年母が死去、さらに一平の放蕩も再燃し家計も苦しくなった。その中で長女を出産するが神経衰弱に陥り、精神科に入院することになる。

翌年退院すると、一平は非を悔い家庭を顧みるようになるが、長女が死去。かの子は一平を愛することができず、かの子の崇拝者であった学生、堀切茂雄(早稲田大学生)と一平の了解のもと同居するようになり、次男を出産するが間もなく死去してしまう。

仏教に救い [編集]
かの子と一平は宗教に救いを求め、プロテスタントの牧師を訪ねるが、罪や裁きを言うキリスト教には救われなかった。その後親鸞の『歎異抄』によって生きる方向を暗示され、仏教に関するエッセイを発表するようになり、仏教研究家としても知られるようになった。

1929年(昭和4年)、『わが最終歌集』を刊行して小説を志すが、12月から一家をあげてヨーロッパへ外遊。太郎は絵の勉強のためパリに残り、かの子らはロンドン、ベルリンなどに半年ずつ滞在し、1932年(昭和7年)、太郎を残したままアメリカ経由で帰国。帰国後は小説に取り組むつもりだったが、世間はかの子に仏教を語ることを求め、仏教に関するラジオ放送、講演、執筆を依頼され、『観音経を語る』、『仏教読本』などを刊行した。

小説家として活動 [編集]
かの子が小説に専心したのは晩年の数年間だった。1936年(昭和11年)、芥川龍之介をモデルにした『鶴は病みき』で作家的出発を果たす。パリに残した太郎への愛を、ナルシシズムに支えられた母と子の姿で描いた『母子叙情』、自由と虚無感を描き、当時の批評家に絶賛された『老妓抄』、女性が主体となって生きる姿を、諸行無常の流転を描いて確立させた『生々流転』などは代表作となった。1939年(昭和14年)、油壷の宿で脳貧血で倒れ自宅で療養していたが、2月に入って病勢が急変、2月18日、49歳で死去。



by jikansouko | 2014-07-29 12:20 | 散歩
b0181457_1021892.jpg

昨日は息子夫婦も一緒にご招待いただき、銀座KAZUNで古希のお祝いをして頂きました。
Mご夫婦はいつも余計な気配りを一切させない自然体の楽しいご夫婦です。

嬉し恥ずかし向日葵の花束を頂きました。太陽に向かう明るい希望の花束でした・・・花に負けないイエローオーラ―で日々精進して行きたいと思います。
温かいおもてなしに感謝感激です016.gif

確か60歳の還暦の時はottoが真っ赤な薔薇の花60保本プレゼントしてくれました。
赤い薔薇の様に優雅な女盛りの60代を目指せと云う事なのでしょうか?

その60才代はottoのクモ膜下、母の介護や見送り、私の乳癌と何やかやと波乱で、赤い薔薇の優雅さをすっかり忘れていました。
2匹のワンコが我が家の仲間入りしたのが最大の喜びだったと思います^^

私達夫婦は、7月27,28日と続いてのお誕生日ですが、Mご夫妻も4月5,7日と1日違いで続いています。
桜の頃ですので、来年は是非我が家でお祝いさせていただきたいと思います。

お誕生日のメールやメッセージありがとうございます。後ほどゆっくりお礼申し上げたいと思います053.gif
by jikansouko | 2014-07-28 10:21 | 今の時間
b0181457_1721392.jpg

70歳の門出だ〜ぜぃ*\(^o^)/*
by jikansouko | 2014-07-27 17:21 | 今の時間
b0181457_10281493.jpg

40年来の友人から可愛い星空の瞬く、オルゴールつきカードがきまし(^O^)/
可愛い〜
ottoのアップルパイと渋々の?バースデーソングを唄っていただいて(^ー^)ノ
つつがなく70代に足を踏み入れました。
by jikansouko | 2014-07-27 10:28 | 今の時間
b0181457_1063275.jpg

b0181457_1063241.jpg

…が
盆踊り6時に終わってました。
花火の前に何故か新橋へ…
地下に、たった一坪のスタンドBARがある。
お酒もおつまみも多種ある。現金と交換!
大江戸線で両国へ…が花火後の人の波。
で〜馴染みのお店でお鮨つまんで…

いいんです…ottoさん、浴衣着てお出掛けがお好み*\(^o^)/*
by jikansouko | 2014-07-27 10:06 | 散歩


SNSのリンク外してみましたが〜全部が絡みあっていて、凄い時代になっていたんですね!
youtubeもそうでした。グーグルさんは何でもお見通しです。ニュースをとるのにツィッター残しました。
by jikansouko | 2014-07-26 10:53 | 今の時間

by 下町古娘