現在・過去・未来・・・いつの間にか溜まってしまった消えた時間。ここは時間の倉庫です。  

by 下町古娘

<   2010年 05月 ( 87 )   > この月の画像一覧

今日は今時らしい爽やかな良いお天気^^
布団干しからお洗濯、何も無い日は凄く楽しみ!
支払いや色々溜まった雑事を、今日こそこなさなければ~~

携帯を下におきっぱなしで11時ごろ、見てみると不在着信がいっぱい!
Hさんからだ・・・電話をしてみると~~
「ダーリンと家に帰る途中だけど、薔薇の花を見たいからさっきから
電話をしていた!」との事。
「で~今何処?」「後、10分くらいでお宅に着く!」
『きゃ~~、布団も取り込まなくては~~掃除は~~ま、いいわ。。。』

b0181457_21563390.jpg我が家ではハイジの白パン&塩バターパンを大安売りの日に沢山買っておいて冷凍してある。電子レンジで40秒でホカホカの焼き立てパンになる。
先日美味しいソーセージを沢山頂いたのがあるし、朝沢山作ったサラダ小松菜の野菜のサラダもあるし~スープとコーヒーとどうにか形になった。そして例の白玉小豆があったので、それでお薄を頂いて素敵なランチの時間になりました。

それはメニューでは無く、彼らがまっすぐな道を「曲がってみよう^^」と小さな変化をしてくれたお陰で出来た楽しい会話の時間です^^

その最中に面白い事がありました。ottoから「Hさんの旦那の携帯分かる?」という電話
でした。
「携帯は分からないけど、本人は居るけど~~^^」みんなで爆笑でした041.gif

3時ちょっと前に帰られた時に・・・思い出しました~~車の税金、今日までだ~~008.gif
慌てて車に飛び乗って、セ~~~フ~~3時2分前到着・・・間に合った~~~042.gif
by jikansouko | 2010-05-31 21:01 | 今の時間

馬鹿馬鹿馬鹿!

b0181457_2240164.jpg
去年の蘭が咲きました。

脳みその判断が最近とても狭いです。
茶道の研究会少し早めに着いたので、近所の友人の家に寄りました。
お弁当のサンドイッチとお土産に白玉小豆が同じ袋に入っていました。
研究会のお昼休みに袋を開けると、白玉小豆が入っていました。
「あら、大変、お土産にサンドイッチとジュースなんて変な物置いて来てしまった!」
歩いて3分のお宅、電話して取り替えに行った・・・が、開いてお昼を食べる所でした。
奥さんが「ストップ!」して包み直してくれましたけど・・・これも「馬鹿!」
あ~~ん、そのままにしておけば丸く収まったのに~と後悔しきり。。。

今月は月2回の研究会が1回だったので、相当数の出席者でした。最後にお茶を頂いて
いない人に、お菓子とお薄が出ます。菓子盆に動物の絵が描いてあって、若いKちゃんが
「牛?」足が細いし牛には見えない「鹿じゃない?」と話が落ち着いた所に
先生達の話声が耳に入る「左馬…と言うのは~」聞きかじって、3人で「馬なんだ~~!」
でも、右に描いてあるわよ~~「左に振り向いてるからじゃない^^」「そうか~~そう言えば
この丸いお尻は馬のお尻だわね」
3人で、納得していたら「左馬」は他のお茶碗の事らしいと分かった…そしてその絵は「鹿」

3人で「馬」「鹿」とクルクル変わって、気が付いたら「馬鹿」な話になっていたので
オチが付いて大笑い。最終的には
「もっと、上手く描け!」と描いた人にお鉢が回りました@^)ぷっ

40人ぐらいの犇めき合いに後ろの障子を開けると、露地の緑に日差しが煌めいて、涼しい風で
活き返った様な昼下がりでした。
心配された雨も無く、またまた心がけの良い1日でした。
帰ってから、ちょっと横になったら寝てしまって・・・
慌てて起きて行ったら、ワンコ達に餌も上げてくれて、自分で作った夕食でワインを飲んで
ottoは「もう、みんな夕食済んだよ~~~」
で~~ワインとオカズをつまんで「さんまのからくり」で大笑い^^
とても良い1日でした。

お軸は「清流無間断」、水差しは「清風」お茶杓は「清流」爽やかを絵に描いたような今日のお席でした。
by jikansouko | 2010-05-30 22:23 | 今の時間
b0181457_0163519.gif

原始の時代の人間生活はシンプルイズベスト・・・で無いから現代に変化してきた。
昔・・・岡本太郎と広中平祐の対談の中で岡本太郎が「地球の危機をもたらしたのはルネサンスだ!」勿論広中氏は反論。
急激な変化をもたらしたのがルネサンス、化石燃料~自動車~原子力。。。
あの時代が無かったら違った形になったかというと、たぶんならなかったと思う。

1995年ウインドーズ95から1年で、ラジオもテレビも雑誌もhttp//...とホームページのアドレスが氾濫し始めた。
あの頃は一匹の虫が這っていたと思ったら、何処もかしこも沢山の虫が這い始めた感じだった。
時代が大きくページをめくったと言う強烈な感覚を覚えている。

今は携帯と言う虫が誰の身体にも取り付いて、世界を這いずり回っている。
ヒットラーに捧げた手の先に携帯・・・群集は一斉に携帯カメラでヒットラーを撮る!
そんな場面を想像してしまった。
これからの時代の「わが闘争」の主役は誰になるのでしょう。。。

インターネットで繋がれて、みんなの手の中に入ってしまった世界
次に大きくページをめくるのは何?誰?
5月28日発売されたiPadはその主役になるかしら・・・
by jikansouko | 2010-05-29 23:50 | 時代
日にちの設定が変わってしまったので忘れていました。浅草の実家に行ったら昔懐かしい植木市をやっていました。今日は本当に寒くて、夏の風情がありません…昔よりは人出が少なかったです。
毎年5月末の土日と6月末の土日、(お山開き)の浅間神社の祭日におこなわれる植木市を称して『お富士さんの植木市』といわれる。浅草4,5丁目一帯の道路上に近県植木商数百余りの軒露天や植木がたちならび、近年のガーデニングブームもあいまって賑わっています。
「お富士さん」とは、江戸時代に流行った富士淺間(富士講)信仰により浅間神社が各地につくられ、その縁日の一間として浅草地区では植木市が行われた。該当区域は、交通制限が行われまますので「めぐりん」のバス経路は一部変更になりますので、「めぐりん」ご利用の際には、都交通局に確認してください。専用駐車場は無いので、公共交通機関での来場が望まれます。
【場所】 浅間(せんげん)神社周辺
【アクセス】 都バス: 【草64系】 浅草警察署前
  【草63系】【都08】浅草3、浅草4
  【めぐりん】浅草4丁目
東武 営団・都営地下鉄 浅草駅下車徒歩10分


母は31日までショートステイで6月3日から施設に入所します。
弟と義妹で荷物を運びこんだとの事。部屋の内部の写真を撮って来てくれました。
明るい部屋で、スカイツリーが目の前で見えるそうです。
これから母は朝も夜も毎日スカイツリーを眺めながら暮らします。
b0181457_20445464.jpg

横浜のホテルの窓から夜景を眺め、次の日起きるとすぐに・・・
「昨日、ずいぶん遅くまで夜景やっていたわよ♪」
嬉しそうに言っていた母は、スカイツリーのライトアップを眺めながら
なんと言うでしょう^^

神様、いつも良い選択をして下さってありがとうございます053.gif
by jikansouko | 2010-05-29 20:26 | 母との思い出(介護)

卒業~めでたなや~♪

b0181457_13324220.gif
b0181457_1333522.gif

b0181457_13462546.gif
笑う門には福来る!

笑う豚にはカドが無い!


勉強豚には知恵が来る!
 

by jikansouko | 2010-05-29 13:34 | 物作り

昼下がりのお薄

b0181457_10543463.jpg

先生が来て下さったので。明日から人生が又変わりそうです^^
最初の考えのように老後、日々の生活の中で茶道を楽しみたいと思います。
先生達も胃の調子があまり良くなみたいなので消化の良い和食にしました。
b0181457_10545411.jpg


トマト冷製寒天スープ
ポテトサラダ
ソラマメ・鴨スモーク
大根、サーモンマリネ(T持参)
切干(T持参)
生麩・独活白ミソ
ジャコ、昆布煮
ほうれん草芥子醤油和え
新生姜甘酢
冶部煮
鰻ときのこ蕎麦
果物寒天寄せ(持参)
コーヒー寒天
和菓子 抹茶


本当に心がけが良い方達です。久しぶりの快晴、風も無く
穏やかな日でした。
先生のお好きなコウホネも朽ちる寸前なのに今日を待って頑張りました^^
夜…力尽きました。お利口さんでした❤

午後からお教室があるので気ぜわしかったけれど・・・
「秘密の花園」ではのんびり出来たし、お花もお庭の花を生けて・・・
たった一人の若者Tちゃんにお点前をして貰ってお薄も頂けたし
静かな昼下がりの心地良い緊張感に浸りました。

2時に先生達を駅に送って帰るとTちゃんとSさんで、お片づけしてくれたので
大助かり。2時半に二人を乗せて教室に急ぎました。
中身の濃い1日でした^^
(バタバタして、先生のゼリー寄せや他のお料理撮るの忘れました・・・和菓子も。。。)
by jikansouko | 2010-05-28 22:50 | 今の時間

花達の饗宴



お掃除まだ出来てません。。。
お花を見に来てくれたお花屋さんの彼女と色々
お話が弾んで~~♪
彼女心がけが良いみたいです。見えた時晴れて
見終わったら降って来ました^^

その後にYさんがお孫ちゃんを連れて来ました。
息子さんの小さい時にソックリ・・・
おばあちゃんは目を細めて、幸せそうな顔でした^^
男の子は花より車、ワンコ達はじゃれ付くので怖いみたい・・・
希望の塊の子供と遊ぶと、未来は沢山広がっています❤
結構、おチビさん達と遊ぶの好きですよ^^

隔離されていたワンコ達、暗くならない内に散歩に行きました。
不思議な雲、夕焼けの色がトマト色。もう直ぐ満月みたいな
お月さまも輝いていました。
明日天気に、な~~れ058.gif
by jikansouko | 2010-05-28 00:34 | 今の時間

過ぎ去ったモノ達

b0181457_13222988.jpg

可愛い小鳥達、美しく咲き誇ってくれた花達・・・
頂いた花束・・・
全てを残して置く事は出来ませんが

お墓を作ってあげたり、オアシスで少し命を永らえてあげたり
ドライフラワーにして残して置いたり・・・
何でも限度がありますので、最近は写真に残して上げています^^
それから、拙い俳句や詩・・・絵に描いてあげるのもいいかもです053.gif
by jikansouko | 2010-05-27 10:38 | 今の時間

見たくない現実

今日はどうしても開けなくてはならない・・・
見たくない現実から人間は逃避する。。。
昨年の11月も開けなかった…月日はどんどん経って
今日開けなければもう一生開けないかもしれない。。。

茶道の先生が「ちょっとお茶室見せてね^^」と遊びにみえる
事になった。
私は先生でも無いのに老後夫婦で茶道が楽しめたらイイナ!
と、炉を切って貰ったがottoは今のところやる気が無い。
ワンコを飼ってアッという間の3年。恐ろしい事に3年炉の灰は
そのまま~~~「ああ~開けたくない、見たくない!、でも
開けなくてはならない」

神様は何時もギリギリの所で手を差し伸べられる(私は無宗教^^)
開けた中は酷い状態だったが、覚悟は出来た!
バケツ2杯の灰を掻き出し、色が変わってしまった銅(アカ)を洗って
お天気の良い日に灰の灰汁抜きをして、磨り直さなければならない。

でも、楽しくなった…これからは時間を作って「家でもお稽古しよう」
って気持ちがムクムク出て来た。
いつかottoも巻き込んで~やるぞ~~~! エイエイオ~~!

で…急に気が変わった。
最近夫婦寝室別室(襖1枚隔てただけだけど・・)にしてみた。
自由は良いな~!夜中も眠れない時は本も読めるし~ルンルン
~~~と・・・何カ月経ったろう・・・少し、飽きて来た^^
我が家はベッドで無いので布団の敷く部屋は綿埃がどうしても多くなる。
夫婦別室だと二部屋汚れる。。。

と言う、単純な理由で「夫婦別室」は止める事に・・・@^)ぷっ
b0181457_221319.jpg
ピエールがオババになったので、咲ききった他の花も一緒に、母の日の
籠に挿してみた。
by jikansouko | 2010-05-26 22:01 | 今の時間

老後を看る

b0181457_1037166.jpg一昨日たまたま見たテレビで亡くなった人の遺品を整理する仕事のミステリーをやっていた。
亡くなった後に残る物の処分は残された者に託される。生前どんなに大事にしていた物も他者にとってはただのゴミ。。。
託される家族が居ない人や高齢、病気の場合など業者に頼むようになるのでしょうね!

子供達は、親はまだ元気、年を取ったり動けなくなったら手を差し伸べようと考えている人は多いと思う。
義妹と私の母との関係を考えてみると、二人の間には色々な歴史があり、沢山の苦難も楽しい事も乗り越えてきた同胞としての絆がある。
惚けて自分の事が出来なくなったなった人を関係者が看るという事は大変な事・・・美しくも張り合いも皆無の世界。それでも頑張って来たのは二人の間の歴史と心の触れ合いが愛情に変わっているから耐えて来れれたのだと思う。

ビジネスでなく、共通の歴史も無く突然惚けた老人を介護するのは、人徳者で済まされる問題ではない。そんなに生易しいものでは無いのだ。。。
先日の木村考さんの様に90歳で人様に迷惑をかける事無く、美しく生きている人はとても少ないし、誰しも心の中で望んでいる事だと思う。

昔、考えた南国の孤島の老人ホーム・・・着る物も大していらない、布1枚あれば良い・・・
勿論裸同然なので下の世話も人様にしてもらわなくても良い^^
砂浜にバッタリ倒れて、砂に埋もれてミイラになって風に吹かれて飛んでいく。
明るくって、太陽が殺菌してくれてウジウジしないで、海と自然と太陽だけに看取られる
老人ホーム・・・夢のまた夢@^)ぷっ

母は6月3日、ホテルみたいな綺麗なエントランスの7階の9畳の新しい部屋に入ります。
毎月15万円で、入浴も三食も日々のお世話もしてもらえます。
70代の友人たちが「良いな~今から予約できないのかしら?」と言いますけど・・・
介護度4にならないと入れませんから・・・今から予約は出来ません^^

父は80歳で家族の真っ只中で寝ていて・・・ある朝眼が覚めませんでした。母は93歳で
彼女が夢見た新築の綺麗な個室が終の棲家になります。
私の両親の人生の終わりはとても幸せだと思います。それは長い間の義妹の明るくて、面倒見
の良さで迎えられたものです。弟が良い人に出会えた感謝でいっぱいです。

出来れば私が200歳まで生きて、みんな面倒みて送って上げたい・・・と気持ちはある。
夢のまた夢。。。
by jikansouko | 2010-05-26 02:19 | 母との思い出(介護)