現在・過去・未来・・・いつの間にか溜まってしまった消えた時間。ここは時間の倉庫です。  

by 下町古娘

苦い思い出…

今日の教訓…硝子のプライドを、支えるのは意地?
b0181457_23593519.jpg

気にしていなかったら、モッコウバラがアッと言う間に緑になった…春ですね〜╰(*´︶`*)╯♡
葉牡丹もロケットみたいに尖ってきてその内、菜の花の様な黄色い花が咲くでしょうね。
そろそろ古娘人形もファッションを春向きにしてあげましょうね!
昨日西村京太郎のサスペンスに絶対自分は1番愛されなければ我慢できない可愛い主人公が犯人の物語を見ていて…私の人生の中で何人かそんな人が居たな〜と思い出した。生まれ育ったブライドの高さは、否定された事で長い年数敵対心を持ち続けている。
自分より下と思っている人に、当たり前の事でも注意されると、許せないらしい。ブライドの高い人は絶対に自分は負けたくないと言う負けず嫌いが当たり前で、何処かで勝つ勝つ勝つしかないらしく勝って無いのは負けと言う屈辱と思うらしい。全ての人間が勝つと負けるで生きて居ると思うらしい。
人生観が低設定で些細な事で楽しめる人には他人に勝つ事になど頭の片隅にも無いのに…
全て拒否してすれ違っても無視しての内向攻撃の中でずっと暮らして居る。私は誰でもどんな人にも簡単に文句を言うので、そう言う人には嫌われる。
つい最近そんな中の一人が半年も前に亡くなっていた。誰にも一切自分の死を知らせ無い様に言い残して、前の家の人も半年間知らなかった。プライドって怪物にもなるんだと胸が痛みました。
40年前にちょっと注意しただけで、それ以降話した事も無いのですが…
何を言ったかと言うと、我が家が犬を飼っていて子供が飼って飼ってとせがんだらしく、同居して居る「おばあちゃんが死んだら飼ってあげる!」と子供に言っていたので「そんな事聞いたらおばあちゃんが悲しむでしょう!」と言ったら、次の日「おばあちゃんに言ったら、いいよいいよ私が死んだら飼って上げなさい」って言ってたわ!と言いに来た。仰天したがそれから子供が仲間外れにされたり無視の時代に入りました。意味がわからなかった私もだんだん大人?になってブライドを傷つけたんだわねって自分なりに理解した。
彼女の家の前を通る時何故か心の中で南無阿弥陀と呟きます…
by jikansouko | 2017-04-09 23:56 | 今の時間