現在・過去・未来・・・いつの間にか溜まってしまった消えた時間。ここは時間の倉庫です。  

by 下町古娘

選抜高校野球大会選手宣誓の言葉

まだ余震が続く日々、夕方からの風は冷たく、咲き始めたモクレンや早咲きの桜
野のタンポポや踊子草も寒そうでです。
今朝は明るい日差しが飛びこんできて、なんだかそれだけで希望が湧いてきました。
雲一つない青空は空だけ撮っても余り面白くないので。。。
b0181457_23171589.jpg

知人に自衛隊の人がいる人から聞きました。現地の自衛隊は不眠不休で寝る時間も惜しんで仕事をしているそうです。テレビのニュースを見てもきめ細かく災害の現場で対処している姿に、隊員の方達の健康も心配になります。ご家族の方達も心配でしょうね。。。復興は前進しているのに放射能がとても心配です。本当にきちんと分かって人を動かして居るのでしょうか?命がけで作業をしている人達は責任者の方達とは遠い所に居る人達ですよね。
オール電化などと踊らされた私達、節電をしますから建設中原発の3基、計画中の11基、もう取りやめて頂きたいです。


出場校32校が参加甲子園球場で開幕の時、選手宣誓を行った創志学園(岡山)の野山慎介主将の言葉とその力強さは多くの人々に感動を与えました。

私たちは16年前阪神淡路大震災の時に
生まれました

いま東日本大震災で多くの尊い命が奪われ私たちの
心は悲しみでいっぱいです

被災地では全ての方々が一丸となり仲間とともに
頑張っておられます

人は仲間に支えられることで大きな困難を
乗り越えられると信じております

私たちに今できることそれはこの大会を
精一杯元気を出して戦うことです


“がんばろう!日本”


生かされている命に感謝し全身全霊 正々堂々と
プレーすることを誓います

by jikansouko | 2011-03-26 23:00 | 時代